はじめにキッチンペーパーなどで、粕漬けに付いた粕床(酒粕、味噌、その他調味料)を軽く拭き取ります。

粕床が取りにくい場合は、軽く水洗いをしていただくと、拭きやすくなります。

アルミホイル1枚を半分に織り、その上に粕漬けを置きます。

サラダ油をキッチンペーパーなどに浸して
ホイルに軽く塗ると、魚がホイルにつきにくく
なります。

オーブントースターやフライパン、グリルなど、お好みの焼き方で粕漬けを焼いていきます。 焼き時間はあくまで目安ですので、火の強さや粕漬けの大きさによって調節してください。

オーブントースターにサラダ油を塗ったアルミホイルを敷き、その上に粕漬けを置いて上下火で7~8分焼きます。(1000Wの場合)

オーブントースターなら調理器具を汚さずに簡単に焼けて手間いらず!おすすめの調理方法です。

グリルにサラダ油を塗ったアルミホイルを敷き、その上に粕漬けを置きます。 片面を弱火で4~5分ほど焼き、皮と身に薄く焦げ目が付いたら粕漬けを裏返し、もう片面を3~4分ほど焼き上げます。

弱火でじっくり焼くのが、焦げないポイントです。火の強さは粕漬けの大きさや数によって調節してください。

宿毛や高知県近海でとれた金目鯛や目鯛、いさきをはじめ、自慢の真鯛を京粕漬けにした贅沢な詰め合わせです。

  • 宿毛の魚について
  • 鮮度へのこだわり
  • 宿毛の魚を味わう
味わえるお店
ピアーサーティー